ロードヘッダ

当社は1968年に国内初号機となる三井ロードヘッダS40型を開発しました。
S40型の切削動力は40KW、設備重量15トン程度でしたが、その後国内外の需要と共に切削動力及び設備重量共に大型化し、現在最も大型機は型式SLB-350S型で切削動力350KW、設備重量120トンを誇り、世界最大クラスに位置づけられております。
当社のロードヘッダは今日まで500台以上を製作・販売し、客先より高い評価を受け世界のトップメーカーとして国内外に名を知らしめております。

ロードヘッダとは

ロードヘッダ(Road Header)は別名自由断面掘削機と言われ、機体先端上部に設置してある切削チップが配列されたドラムを回転させて、土や鉱物を掘削する機械です。
主な用途は道路や鉄道トンネル掘削、鉱山の坑道掘削などに使用されております。

三井ロードヘッダラインアップ

SLB-350S型ロードヘッダ

SLB-350S型の特徴

SLB-350S型ロードヘッダは軟岩における大容量高速掘削から中硬岩における強力な掘削まで可能としており、高能率なトンネル掘削を実現できます。
切削動力は国内最大の350/350kW定出力型2速切換式電動機を採用しており、軟岩掘削はもとより中硬岩トンネルに対しても十分な掘削能力を発揮します。
また伸縮機構を有しておりますので、定位置での掘削が可能となります。

SLB-350S型主要仕様

全長 約18m
全高 4.8m
全幅(クローラ幅) 3.4m(3.2m)
設備重量 約120 ton
最大切削高さ 8.8m
最大切削幅 8.8m
下盤掘削深さ 0.45m
切削動力 350/350kW-4/6P

SLB-300S型ロードヘッダ

SLB-300S型の特徴

SLB-300S型ロードヘッダは軟岩から100MPaまでの中硬岩までの広範囲の岩質に適用でき、低振動でのトンネル掘削を可能にしております。
切削動力は国内最大級の300kW2速切換電動機を採用しており、岩質に応じてドラム回転速度を選択できますので広範囲の岩質に対応可能です。
また伸縮機構を有しておりますので、定位置での掘削が可能となります。

SLB-300S型主要仕様

全長 約13.5m
全高 4.8m
全幅(クローラ幅) 3.4m(3.2m)
設備重量 約90 ton
最大切削高さ 8.8m
最大切削幅 8.3m
下盤掘削深さ 0.45m
切削動力 300/200kW-4/6P

MRH-S300型ロードヘッダ

MRH-S300型の特徴

MRH-S300-型ロードヘッダは軟岩から130MPaまでの硬岩までの広範囲の岩質に適用でき、低振動でのトンネル掘削を可能にしております。
切削動力は国内最大級の300kW2速切換電動機を採用しており、岩質に応じてドラム回転速度を選択できますので広範囲の岩質に対応可能です。
また伸縮機構を有しておりますので、定位置での掘削が可能となります。

MRH-S300型主要仕様

全長 約20.8m
全高 4.7m
全幅(クローラ幅) 4.0m(3.1m)
設備重量 約95 ton
最大切削高さ 6.5m
最大切削幅 7.5m
下盤掘削深さ 0.45m
切削動力 300/150kW-4/8P

MRH-S200型ロードヘッダ

MRH-S200型の特徴

MRH-S200-型ロードヘッダは軟岩から80MPaまでの中硬岩までの広範囲の岩質に適用でき、低振動でのトンネル掘削を可能にしております。
切削動力は200kW2速切換電動機を採用しており、中硬岩掘削に対しても十分な余裕があります。
また伸縮機構を有しておりますので、定位置での掘削が可能となります。
コンパクトな機体寸法になっておりますので、現地への輸送が便利です。

MRH-S200型主要仕様

全長 約11.5m
全高 3.85m
全幅(クローラ幅) 2.9m(2.6m)
設備重量 約49 ton
最大切削高さ 6.0m
最大切削幅 6.4m
下盤掘削深さ 0.35m
切削動力 200/110kW-4/8P

MRH-S100型ロードヘッダ

MRH-S100型の特徴

MRH-S100-型ロードヘッダは軟岩から80MPaまでの中硬岩までの広範囲の岩質に適用でき、低振動でのトンネル掘削を可能にしております。
切削動力は100kW2速切換電動機を採用しており、中硬岩掘削に対しても十分な余裕があります。
また伸縮機構を有しておりますので、定位置での掘削が可能となります。
コンパクトな機体寸法になっており、細かく分割できますので、立坑からの搬入などに対応可能です。

MRH-S100型主要仕様

全長 約12.1m
全高 1.8m
全幅(クローラ幅) 2.8m(1.9m)
設備重量 約27 ton
最大切削高さ 4.5m
最大切削幅 5.1m
下盤掘削深さ 0.25m
切削動力 100/60kW-4/8P

MRH-S65型ロードヘッダ

MRH-S65型の特徴

MRH-S65型ロードヘッダは軟岩から60MPaまでの中硬岩までの広範囲の岩質に適用でき、低振動でのトンネル掘削を可能にしております。
切削動力は65kW電動機を採用しており、中硬岩掘削に対しても十分な余裕があります。
また伸縮機構を有しておりますので、定位置での掘削が可能となります。
コンパクトな機体寸法になっており、細かく分割できますので、立坑からの搬入などに対応可能です。

MRH-S65型主要仕様

全長 約11.3m
全高 1.5m
全幅(クローラ幅) 2.8m(1.8m)
設備重量 約20 ton
最大切削高さ 3.8m
最大切削幅 4.2m
下盤掘削深さ 0.25m
切削動力 65kW-4P

ロードヘッダ納入実績

用途

炭鉱坑道、道路トンネル、高速道路トンネル、鉄道トンネル、導水路トンネルなど

納入場所

日本、豪州、中国、ロシア、台湾、ニュージーランド、韓国、インド、カナダ、アメリカ、パキスタン、ブラジル、インドネシア、ミャンマー