特長

当社は明治15年の創業以来、鉱山機械を中心に歯車機構を用いた機械を多数製作しており、昭和49年には遊星歯車減速機を開発し、小型・軽量という特徴を最大限に追求して改良を重ねて参りました。
その結果、軽量化と単一構造による経済性が好評を得て荷役運搬機械、建設機械、船舶機械、製鉄機械等の様々な分野で多くの実績を頂いております。

当社の変・減速機の特徴

受注生産による柔軟な対応力

当社は受注生産方式により、お客様のご要望をカタチにしています。
使用用途や形式・仕様等により様々な製作実績を有しておりますので是非ご相談ください。
当社は設計から製造までが常に一丸となってご提案ができるよう拠点を集約しており、納期に関しても万全の体制を期しております。
また、当社の低始動・高効率電動機と合わせたご提案も可能で、設備のコスト削減に大きく貢献いたします。

安心の高品質

歯車・軸の強度部材は全て当社で熱処理を実施し、充実した工場設備と万全の生産管理体制で高い品質を確保しております。

ショック荷重に対する耐性

外歯車に浸炭処理、内歯車にガス窒化処理を施し高精度に加工しているため、ショック荷重に対して非常に強力となっております。

大型サイズの品揃え・対応能力

  • トルク
    〜870kNm(88,000kgfm)まで標準化/1,700kNm(173,000kgfm)の製作実績あり
  • 動力
    〜2,000kNm容量までの実績あり/5,000kwクラスまで対応可能
  • サイズ(製作時実績)
    外歯車最大径1,650mm/内歯車最大径2,610mm/最大モジュール35
    上記サイズ以上でも対応可能です。

遊星歯車減速機の構造とメリット

遊星歯車減速機とは太陽歯車(sun gear)を中心として、複数の遊星歯車(planetary gear)が自転しつつ公転する構造を持った減速(増速)機構であり、従来の平歯車機構と比べ複数の遊星歯車で伝達動力を分散して伝達するため、少ない段数で大きな減速比を得ることができます。

遊星減速機の構造イメージ

遊星減速機の導入のメリット

  • 小型・軽量・高効率
    伝達動力は遊星歯車の数(3〜5個)に等配されるため、歯車荷重が小さくなり、減速機自体の小型・軽量化を実現することができます。5個遊星は、当社独自の片持キャリアにより初めて可能となるものです。
  • 少数部品点数による経済性
    構造が非常に簡単で部品点数が少ないため、極めて高い経済性を持っており、コストダウンのご提案が可能です。また、メンテナンスも非常に容易となっております。

お問い合わせ(受付時間   9:00〜17:00) TEL 03-3270-2003 FAX 03-3245-0203

  • お問い合わせフォーム
  • 減速機製品カタログ
  • 簡単見積り依頼